2019年度法要・行事(報告)

「春定会並降誕会」(2019.4.27)

 本年は、4月上旬に桜の満開を迎えました。法要の前日には婦人会がお餅つき、総代さんが草刈り作業をしてくださいました。
 また、4月24日には責任総代を長年つとめられた善和の山本昭さんがご逝去されました。今から6年前・平成25年4月29日の住職継職法要の実行委員長でもあられました。お米づくりや野菜づくりに励んでおられ、私は京都から二俣瀬に帰るたびに「二俣瀬ふれあいセンター」で山本さんの育てた野菜(じゃがいも、白菜、だいこん、おくらなどなど)を買って帰っていました。「山口に帰ってきたら農作業を教えてあげるけぇね」と言ってくださっていました。今回は、その山本さんの言葉やお姿をより一層思い出しながら法要をお迎えすることとなりました。
 当日は、子どもからご年配の方まで約30名のご参拝があり、賑々しくご法要をお勤めさせていただきました。ご法要は、正信念仏偈(和讃)・法話・讃仏偈・祝賀行事(もちまき・じゃんけんゲーム)。
 さて、法要を迎えた4月27日は、平成時代も残すところあと4日。また、新たな令和時代まであと4日という日。そんな日でありましたので、平成時代の振り返りも含めたお話をさせていただきました。
 平成時代がはじまった頃の平成元年1月11日にシングルカットされた曲があります。美空ひばりさんが歌う"川の流れのように"です。ひばりさんは、このとき、すでに持病の悪化が進み、若い人にメッセージを残したいとの思いがあったそうです。
 この曲を作詞されたのは秋元康さん。秋元さんは、この曲を書かれた当時は、アメリカに住んでいて、家の前に大きな川が流れていた。そろそろ日本へ帰りたいと思っていた頃、この川は海を通じて日本という故郷に繋がっていると、ふと感じたそうです。
 ひばりさんは、私たちの人生は、まっすぐだったり、曲がりくねっていたり、流れが速かったり、遅かったり、川の流れのようなもの。しかし、最後は、みんな同じ海にそそいでいるのよと、歌で伝えたかった。その後、シングルが発売されてから約半年で52歳の人生に幕を閉じられます。

 親鸞聖人は、正信偈で次のように示してくださってあります。
 「如来所為興出世 唯説弥陀本願海」(釈迦如来が、世に興出したもうゆえは、ただ阿弥陀如来の本願海を説かんとなり)
 このことは、お浄土という大きな大きな願いの海を通じて、私たちはご縁のあった方々と繋がっていることを示してくだってあるのではないでしょうか。ひばりさんも親鸞聖人も歌を通じて、海の働きについて私たちに示してくださってあるのは、不思議な共通点ですね。
 最後になりますが、お斎の後には、「平成28年熊本地震」の復興支援物産展も開催しました。たくさんのご協力を有り難うございました。